株式会社日興レジデンシャル|23区駅チカの中古ワンルームで実質入居率100%!高利回りを実現

株式会社日興レジデンシャル|東京都心の中古ワンルームマンションを主に取り扱う信頼ある不動産投資会社

「株式会社日興レジデンシャル」は、平成22年設立、2019年現時点で創立9年という比較的新しい不動産投資会社です。

東京都渋谷区神宮前6-19-16越一ビル 501に本社を置いており、東京都心の中古ワンルームマンションを主に取り扱っているのが特徴的

資本金は940万円で従業員は20名程という少人数制を取っていますが、経験者だけでなく新卒者・第二新卒者・未経験者からも募集を行っているため、将来的な伸びが期待できます。

まだ新しいため上場していませんし、基本的に公式ホームページ以外でメディアに登場することもないため情報に乏しい感がありますが、取引金融機関としてオリックス銀行のような融資の審査基準が厳しい銀行も挙げられていることから、信頼性の面では全く問題ないと考えて良いでしょう。

日興レジデンシャルの主要5事業|企画・コンサル・管理から退居後まで

日興レジデンシャルの主な事業内容をここに挙げてみますと、

  1. まず「マンション開発分譲・仲介業務」。これは自社独自の物件評価システムを駆使し、安定的に高い資産価値が見込める物件を企画提案し、お客様の不動産投資活動をサポートするというものです。
  2. また一言で不動産投資と言っても、年金対策であったり生命保険負担の軽減、税金対策等などその目的は人それぞれ。

    そこでお客様のライフプランに合った資産運用が行えるよう、不動産投資のプロとして「不動産コンサルティング業務」にあたります。

  3. ライフプランに合った投資プランを立て、適切な物件を見つけて購入してはじめて資産運用のスタートラインに立ったことになりますが、問題はここから。

    例えばそれがマンション経営なら物件の入居者を探し賃貸契約を結び、必要に応じてメンテナンスやクレーム対応、家賃の督促などを行わなければなりません。

    これらの煩雑な業務を代行してくれるのが「不動産賃貸管理業務」です。

    日興レジデンシャルの管理業務は提携している株式会社神宮前プロパティーズにて行われますが、その豊富なノウハウでもってしっかりと業務を代行してくれるので安心です。

  4. 入居者が退居した後は「内装工事業」で資産価値を維持・高めることもできます。
  5. 更に不動産投資に特有の自然災害による資産価値下落リスクに対しては、「損害保険の代理業務」にてしっかりカバーしてもらえます。
  6. 【高利回り】 全ての物件が実質入居率100%!23区/駅徒歩5分のワンルームマンション

    前述のように日興レジデンシャルで扱う物件は全て東京都心部の23区にあるワンルームマンション

    しかも最寄り駅より徒歩5分圏内に限られており、これは他社にはなかなか見られない特徴となっています。

    というのも、土地の値段が高く値下がりのリスクが少ない場所、そしてそんな場所で需要が高い賃貸物件はと言えば、自然と「23区内駅近のワンルームマンション」に絞られてくるからです。

    従って、日興レジデンシャルで扱う物件の平均相場は2500万円前後と平均価格内ですが、賃料は月9~10万円以上が見込めますから、結果的に利回りの良い投資になると期待できます。

    実際、入居率は99.2%。残りの0.8%は入居者の入れ替えによる1~2週間の空き室状態が原因ですから、実際にはほぼ安定的に収入が見込めると期待して良いでしょう。

    不動産投資の基礎知識を持ってもらってから購入プランを提案


    日興レジデンシャルで不動産を購入したいなら、必ず自社が開催するセミナーに参加する必要があります

    月に1度のペースで開催されるセミナーの内容は、不動産業界のノウハウやメリット・デメリットなどを分かりやすく解説したもので、これらの基礎知識なしに不動産投資が勧められることはありません。

    「資産運用を始めるからには必ず成功して欲しい」という日興レジデンシャルの誠実な思いが伝わってきますね。

    またセミナー開催日と予定が合わず参加できない場合は、個別相談を申し込むことができます。

    個別相談にて本格的に日興レジデンシャルの物件を購入することに決めたなら、ライフプランに合わせて適切な物件の選定や自己資金額、融資プランなどをシミュレーションしていきます。

    物件候補が上がったなら必ず現地確認し、気に入ったならあらためて購入の申し込み。ローンを申し込む場合には事前の仮審査を受けることもできます。

    ローンの契約と売買契約が終了すれば、晴れて物件引き渡し。この時点でマンションオーナーとなり、日割り家賃を受け取ることができます。

    優れた「仕入れ力」で好立地の中古マンションに特化し高利回りを実現

    不動産投資の成功のカギは、やはり何といっても好立地条件です。

    前述の通り日興レジデンシャルが扱うのは入居率・稼働率の高い優良物件ばかりですが、これはひとえに日興レジデンシャルが持つ「仕入れ力」がなせる業。

    スタッフたちは地域開発の動向や人口の動き、周辺物件の賃料の推移など不動産市場に関係する様々な専門知識を持っているだけでなく、好物件の情報を独自のルートで確保できるため、安定的な需要が見込める資産価値の高い物件のみを仕入れ最適な物件を各お客様に提供できるというわけなのです。

    日興レジデンシャルのもう1つの特徴は中古マンションに特化しているという点で、これも日興レジデンシャルの強みになります。

    というのも、新築の場合マンション価格はディベロッパーによって設定されますが、中古の場合はその時点での需要と供給から算出された市場原理が反映されます。

    このため中古物件なら新築物件の約7~6割程度の価格で購入できるのに対し、家賃は新築と中古で1万円程度の差しかありません。

    つまり新築マンションと比べると中古マンションの方が格段に高い利回りになると考えられるのです。

    賃貸管理業務に特化した子会社「神宮前プロパティーズ」のプロの仕事に満足度は高い

    日興レジデンシャルで物件を購入した場合、その後の賃貸管理業務を子会社である「株式会社神宮前プロパティーズ」に依頼することができます。

    不動産の賃貸管理業務に特化しているこの会社では、各業務にそれぞれ専属のプロを配置し、その機動力とネットワーク、経験によって培われたノウハウなどを活かしたオーナーにとっても入居者にとっても満足度の高い仕事を行います。

    例えば不動産運用のスタートにあたる入居者募集にあたっては大学や法人企業、市内仲介業者などとのネットワークを最大限に活用して効果の高い活動を行いますし、入居希望者の審査や賃貸契約にあたっては連携保証会社とダブルチェックを行い質の良い入居者の確保を実現させています。

    集金業務やクレーム処理も全て神宮寺前プロパティーズが代行し、オーナーには月々の収支報告や結果報告をメールにて知らせてくれるので安心。

    巡回スタッフが定期的な巡回・点検業務を行い不備がないかをチェック、必要に応じてメンテナンスや修繕工事を行います。

    「安心プランS」と「空き室保証プランS」で急な出費や空き室リスクを回避

    更に日興レジデンシャル特有の保証サービスとして、「安心プランS」「家賃保証プランS」というものがあります。

    安心プランS

    「安心プランS」とは保証期間内の物件修繕や原状回復費用を回数無制限で日興レジデンシャルが負担するというもの。

    これは管理委託契約に任意で付けることのできるオプションサービスで、物件の築年数や補償期間の長さによって利用料が異なります。

    エアコンや窓ガラス、給湯器などの修理や交換など突発的な支出を抑えることができ、安定した運用を可能にします。

    空き室保証プランS

    「空き室保証プランS」は、その名の通り空き室でも一定の家賃収入が保証されるプランです。

    具体的には、空き室になってから31日目、つまり1ヶ月後から募集家賃が受けられるというもので、空き室でも収入が保証されることから特にローンを組んでの投資の場合に心強い味方になってくれるでしょう。