株式会社リヴ&リヴグループ|専門会社群で都心中心に展開!「オススメしたい」「満足度」No1!【4.7%以上の利回り期待】

株式会社リヴ&リヴグループ|「オススメしたい」「満足度」No1の総合不動産会社

「株式会社リヴ」は、平成15年創業の「リヴグループの主体を成す総合不動産会社。

本社を東京都港区六本木7丁目18-18住友不動産六本木通ビル10Fにおき、東京都心部と周辺主要都市部で不動産投資を含めた不動産に関係するあらゆる事業を取り扱います。

リヴグループおよび株式会社リブの現代表取締役社長である福元恒徳氏は28歳の時に在籍していた会社から独立し、株式会社リブを含めた5社からなるリブグループ会社を立ち上げました。

現在リブグループ会社は合計10社。資本金を1億3860万円とし、売上高はグループ合計で178億円(2019年3月期)の黒字経営ですから、上場こそしていないものの信頼性の面では全く問題ないでしょう。

リブグループ10社のうち、マンション経営に関係するのは「株式会社リブシステム」「株式会社リヴビルディング」など合計5社で、このうち不動産の売買や仲介業務の他にお客様の資産運用やライフプラン、ローンの借り換えなどのコンサルティングサービスを行っているのが、「株式会社リヴトラスト」です。

2007年設立のリヴトラストはリヴグループの1つとして同じ東京都港区六本木7丁目18-18住友不動産六本木通ビル10Fにオフィスを構えますが、資本金1000万円、代表者・杉本一也氏の元に事業を展開しています。

不動産投資分野ではグループ内でも重要な位置を占めており、日本マーケティングリサーチ機構が2019年7月に行った「知人にお勧めしたい不動産投資」「資産運用サポート満足度」「ビジネスマンがお勧めするマンション経営」の3部門で第1位を獲得するほどの高い評価を得ています。

5事業を中心に展開|開発、管理・仲介から、リノベーション、資産運用まで

リブグループには総合不動産業の他にホテル運営や放課後等ディサービス事業を扱う会社もありますが、やはり最も力を入れているのは現社長の若かりし頃からのホームグラウンドであったマンション等の不動産開発と売買・仲介事業です。

これらを総合的に扱う株式会社リブとリブトラストでは、主に5つの事業を中心に展開。

  1. 「不動産ディベロップメント」では自社ブランド「リヴシティ」など資産価値の高い不動産の企画開発や戸建て住宅地の開発、オーナーへのフォローを行い
  2. 「不動産エージェンシー」では不動産売買の仲介業やマンション経営に関わる管理業務と賃貸業務の代行などを総合的にサポートします。
  3. 不動産管理において時にリノベーションの必要性も出てきますが、そこは「不動産リノベーション」でしっかりカバー。

    マンション再生事業による資産価値のアップや、注文建築など住空間のトータルプロデュースも行います。

  4. 「アセットマネジメント」では不動産投資や資産運用に関係する様々な相談に応じ、トータルでサポート。
    お客様1人1人に合わせたライフプランをコンサルティングします。
  5. また不動産投資リスクへの対応策として「損害保険代理業」も扱っています。

自社ブランド「リヴシティ」~23区など駅チカ好立地 +人気設備充実で想定利回りは4.73%

自社のブランドマンション「リヴシティ」は、東京23区と神奈川・埼玉の主要区域を厳選し、しかも最寄り駅より徒歩10分以内の好立地に開発されたワンルームマンションです。

お店や病院等の施設も整っており、利便性重視の単身者からの安定的な需要が見込めます。

例えば山手線「神田駅」から徒歩4分のところにある「リヴシティ神田」は、周辺に金融機関やコンビニ、ディスカウントストアなどが立ち並び、生活必需品が簡単に揃うだけでなく、古き良き時代の香りを残す趣ある老舗も点在している魅力的な立地条件。

勿論オートロックや防犯カメラなどのセキュリティシステム、24時間換気システムや収納力抜群のウォークインクローゼット、宅配ボックスなど人気の設備も充実していますから、入居希望者が絶えず空き室リスクの心配はほとんどないと期待できるでしょう。

この好立地条件と充実の設備で、価格は3480万円。想定利回りは4.73%となっています。

リブグループでの投資用マンション購入は資料請求、セミナー、個別相談から

リブグループにて投資用マンションを購入する際には、まず公式ホームページにて資料請求を行い、できれば随時開催されるセミナーにて不動産投資のコツややってはいけない失敗例などを学んで基礎知識を着けてから始めることが勧められています。

個別相談も全て無料なので是非活用しましょう。

提案されるプランに納得がいったなら、物件を紹介してもらい、気になる物件があれば現地確認を行います。

実際に見てみて本当に気に入れば、購入の申し込みと手続き。契約後、必要であれば金融機関への申し込みやローンに関する打ち合わせを行い、中間金を支払って物件の引き渡し。

登記済権利証が渡された時点で晴れてそのマンションのオーナーとなることができます。

リブグループ各専門会社が総力を挙げてサポート!新規顧客増加率178%・リピート率も94.6%


リヴグループ一番の強みは、以前に少し触れましたが、「グループ傘下企業がそれぞれの専門分野を請け負って仕事にあたってくれる」という点でしょう。

  • 「リブトラスト」のライフプランコンサルタント
  • 「株式会社リブ」の不動産開発と販売・仲介
  • 「リヴシステム」のマンション管理業務と保守・メンテナンス

・・・といった具合に、リヴグループが文字通り総力を挙げてマンション運営をサポートしてくれます。

リヴグループ企業といってもそれぞれが独立して運営していけるほどの業務遂行力を持ち、魅力あるサービスを提供できるのですから、1社が開発業務から販売、仲介、管理業務までを全て行う場合と比べると安定感が違います。

更に、リブグループは初心者オーナーの割合が高いのも特徴で、2017年時点での新規顧客増加率は何と178%。

というのもリヴグループでは新規顧客の開発のために「麻雀イベント」や「芸能人イベント」、「看護師とエンジニアのサバゲー大会」等など一見不動産投資とは何の関係もなさそうなイベントを開催することで不動産投資をハードルの高いものと見ていた人たちの心をつかむことに成功しているからです。

勿論実際に不動産投資を始めてみると期待外れだった・・・なんてことになれば顧客は離れていきますが、リヴグループはリピート率も94.6%ですから、不動産投資の初心者も十分満足のいくサポートを展開していることは想像に難くありません。

不動産投資の初心者空の支持率も高い、という点は、リブグループのもう一つの強みと言えるでしょう。

リブグループではサブリーシステムを提供!完全お任せで家賃収入を受けとるだけ

リブグループでは物件購入後に利用できるサービスとして、「サブリーシステム」を提供しています。

これはリヴグループとオーナーとの間でマスターリース契約を結び、第三者に転賃(サブリース契約)するというもので、これにより入居者の有無にかかわらずオーナーには毎月家賃が支払われるほか、入居者募集から契約、管理、クレーム処理など一切の賃貸管理業務もリヴグループ側が請け負います。

つまりオーナーはただ毎月家賃収入を受け取るだけ。特に本職のある人にとっては便利なシステムと言えるでしょう。

リヴトラストの不動産投資セミナーは平日、週末開催!基礎から学べ気軽に相談できる

先ほど少し触れたリヴトラストの不動産投資セミナーは、毎週週中の夜に1回、週末の午前に1回、それぞれ約1時間ほど東京のリブグループ本社にて行われています。

不動産投資の基本をしっかり身に着けることができるだけでなく、リブトラストの社員とも知り合うきっかけとなり、今後気楽に相談できるようになるでしょう。

セミナーの内容については公式HPでも動画で紹介されているので、参加しようか迷っている人は、まずはそちらで確認してみるのも良いですね。